後遺障害の認定ポイント

後遺障害の等級認定のポイントはさまざまな項目に分かれていますが、大切なのは事故直後の初動にあります。大きな事故になればなるほど、事故直後に損害賠償の手続きも視野に入れた準備をしておく必要があります。後遺障害等級認定の審査は医学的な所見を重視した徹底的な書面審査になりますので、最初の段階で医師が症状を見落とすことの無いように注意しなければなりません。また接骨院や整体は医師による診察とは異なりますので、後遺障害認定の必要書類の作成はできません。

後遺障害認定には事故との因果関係が明確に確認されることが必要となりますので最初の診察時に見落とされてしまった症状があるとすると、あとから症状を訴えたとしても事故との関係性を認められないという場合もあるのです。

後遺障害の事前認定を相手側の保険会社に行ってもらうこともでき、確かに手続きなどは簡略化されますが、結局のところ相手側の保険会社は被害者ではなく加害者側ですので、高額な損害賠償の裏付けとなるような証拠を自ら集めるということはしません。ですから、手続きが面倒だからといって相手側の保険会社に投げない方が良いでしょう。それよりも、最初から弁護士に相談し、賠償請求を視野に入れた準備をはじめからしておく方が得策といえます。