後遺障害の認定は弁護士に相談しよう

後遺障害の認定には、法律的な知識に加えて医学的な知識が必要になります。基本的には指示に後遺障害診断書の作成を依頼して、この書類が判断基準として大きな意味を持ってくるのですが、そのほかにも認定を円滑かつ適正に進めるためにさまざまな資料を必要としています。こうした細かい資料をすべて自力で揃えるのは非常に困難で限界もあるでしょう。そこで、後遺障害認定の手続きを弁護士に委託するという方法がおすすめです。

弁護士に相談することによって、どのような記載内容にしてもらう必要があるのか、どのような検査の結果が必要なのかといった具体的なポイントに関するアドバイスを受けることもできますし、そのために医師にどのように作成を依頼すればよいのか、具体的な指針も明確になります。弁護士に依頼しておくなら、その後の等級が決定した後の保険会社との賠償金の示談交渉も任せることができます。

弁護士に委託することによって安すぎる賠償金で示談交渉を成立させられることも避けられます。実際、弁護士に相談した結果、最初に相手側の保険会社が提示した額の2倍から3倍にまで賠償額が増額したという事例もあります。弁護士に相談するほどの事ではないとか、めんどくさいと思わずにまずは弁護士に相談してみましょう。