後遺障害の認定をしてもらう方法

交通事故は時に後遺障害を残してしまうことがあります。後遺障害とは、怪我が治癒したあとも何らかの機能障害や神経症状などの障害が残ってしまう、いわゆる後遺症の症状に加えて、交通事故によって精神的、肉体的な障害が将来においても回復が見込めない状態となり、交通事故との因果関係がしっかりと認められ、その存在が医学的にも証明でき、労働能力の喪失や低下を伴い、その程度が自賠法施行令の等級に該当するものと定義されています。簡単に言うと、等級として認定される後遺症のことを後遺障害と定義できます。その程度の差はさまざまで、植物人間のようになってしまい自力で生命活動を維持することが難しい場合から、手足に若干のしびれがでる場合などの軽度のものもあります。

しかし、どのような後遺障害であれ、交通事故にあわなければ身に招くことはなかったわけですから、その後遺障害に対する十分な賠償は受け取る必要もありますし、それが当然の権利ともいえるでしょう。後遺障害の認定がされることによって等級が定められ、それが損が賠償額の算定に大いに関係します。基本的には自賠責で有効になる等級ですが、結局のところ任意の保険会社もこの等級を参考にするので、賠償全般にわたって大きな効力を発揮するものといえるでしょう。

ただし、もしも後遺障害に認定されないとしても、裁判によって争う場合には裁判所独自の判断でその後遺症の程度が決められるので、たとえ後遺障害の認定が下りていなくても裁判によって損害賠償の請求が認められるということもあり得ます。こうした大事な後遺障害認定をしっかりと行うための方法をご紹介します。